【特集】真空断熱二重構造のHARIO V60『ウチマグ』の魅力とは…

キッチンまわりや、コーヒーグッズ、実験用フラスコなどの耐熱ガラスも作っているHARIO社。
私たちも店頭で愛用するメーカーの1つ。
今日は、そのHARIO社が展開するコーヒー関連の『V60』シリーズから”ウチマグ”をGP&GC的にオススメ!

hario_uchimag_2

V60シリーズで展開する、ポットやドリッパー、サーバーなどで採用されているモコモコを踏襲するそのフォルムは実に愛らしい。が、余計なプリントなどが無く、素材と色がシャープな印象なので全体的にスタイリッシュな感じがクール。カラーは「ヘアラインシルバー」と、つや消し「ブラック」の2種類のみ。

冬季はマグカップにコーヒーを入れたまま置いておくとあっという間に冷えてしまうところ、ウチマグに入れておけば1時間たっても温かいのがウレシイ。
ちなみに、80℃ 手前で淹れたてコーヒーが、1時間たっても65℃になる程度。
コーヒーを注ぐ前に、あらかじめお湯でウチマグを温めてから飲み物を入れるようにすると、更に保温効果がUPする気がします。
ラーメンのドンブリを先に温めておく的なあれ(笑)

保温がバッチリってことは保冷にも最適で氷もすぐには溶けない。
グラスだとすぐ結露してテーブルがビシャビシャになってしまうが、ウチマグは結露しにくいためデスクを汚さない。

その仕組みは、真空断熱二重構造。
だから熱いものを入れても外側は熱くならないのでしっかり持てるから安心。さらに、モコモコフォルムのおかげで手に納まりやすく滑り落ちにくい。
また、底に滑り止めのゴムがついているので、机に置いていてうっかりすべり倒してしまう心配も少なめ。
ユーザリビティを熟知したHARIOならではの優しさを感じる。

hario_uchimag_3

先に言うと、これ、完全密閉型ではありません(笑)

hario_uchimag_4

ちょっと倒したくらいでは何ともなく、横にしても「あれ?漏れない?」と思ってしまうくらいの密閉性。
スクリュータイプの蓋なので、ハメこむだけの蓋よりは漏れにくいですが、あくまでもウチマグは「完全密閉型ではないタンブラー」。
傾けたままにしていたり横倒したままにしていれば、じわじわプッシュアップ式の飲み口付近から漏れてくる可能性があり、
バッグにポイっと雑に投げ込んで…という使い方はオススメできないのでご注意を!
(と、いうか、やっちゃダメですよっ!)

hario_uchimag_5

持ち運びを重視するタンブラーというよりは、
自分でコーヒーを入れたりお気に入りのコーヒースタンドでテイクアウトしたりして、ウチや会社で楽しむ保温保冷タンブラーという感じ。
実用容量は350ml、コーヒー二杯分ちょっと。
これを持参していつもよりも少し遠いコーヒー屋へ自転車でさらっと行くのがなんかスマート。

あ、自転車、、、
こうやって自転車のボトルケージに入れるのはアリ!
ぴったり収まるのでいい感じでしょ?

hario_uchimag_1
hario_uchimag_7

開口部が広いので注ぎやすく、氷も簡単にたくさん入れることが出来、洗うのも楽ちん。

hario_uchimag_8
hario_uchimag_9

保温保冷効果がありながら、デザインが良く、お値段もお手頃なタンブラーってあまり無いので嬉しい。
ぜひ、仕事中、勉強中、ほっと一息など、ウチマグとおいしいコーヒーを楽しんで!

V60 ウチマグ
¥2160(税込)
カラー:シルバー、ブラック
本体サイズ:Φ74mm×高さ156mm、口径:70mm
本体重量:200g
本体/ステンレス、 フタ/ポリプロピレン、 パッキン/シリコーンゴム、 底カバー/エラストマー
実用容量:350ml
*電子レンジ・食洗機使用不可

WEB STOREはコチラから↓

web_order_button